news

ニュース

【Slack】日本語版をローンチ

slackのロゴおよび画面

slack 日本語版をローンチ

Slack Technologies, Inc.は、2017年11月17日(金)よりビジネスコラボレーションツール「Slack(スラック)」の日本語版ローンチし、日本語での利用が可能となりました。

slackのiPhone画面(出典: slack)

日本で、Slackを使いやすくするために、サービスの細部にまで注意を払ってローカライズをしているとのことです。
UI(ユーザーインターフェース)の内容を自然な日本語に翻訳するほか、例えばキーボードコマンドがどのように機能するかという日本人ユーザーの特性から「メッセージ送信」ボタンを構築するなど、日本の習慣を考慮した工夫をとり入れたとのことです。
日本は、世界で3番目にSlackが利用されているため、今回の日本語版ローンチは、多くの日本人が待ち望んでいたのかと思います。

プレスリリースは、PR TIMESをご覧ください。
「Slack」11月17日 日本語版ローンチ|Slack Technologies, Inc.のプレスリリース

「Slack」とは

Slack は、チームの調整や共有作業をサポートするためのビジネスコラボレーションツールです。経営の効率化や組織の生産性向上のために不可欠なサービス、ツール、チームをつなぎ合わせ、優れた働き方を実現します。Slack は、史上最も成長が速いエンタープライズ ソフトウェア企業です。現在、世界 600 万人以上のユーザーが日常的に Slack を使用しており、50,000 以上のチームが Slack の有料プランを利用しています。日本での ARR(年間経常収益)は、APAC(アジア太平洋地域)で第 1 位であり、世界でも第3位となっています。

Slackウェブサイト(日本語)

日本語版もローンチされたし「slack」を始めてはいかがでしょうか?

WEB+DB PRESS Vol.101
WEB+DB PRESS Vol.101

著者森本 利博,武井 優己,SPY,久保田 祐史,大倉 香織,石川 雅之,袴田 類,山下 和彦,牧 大輔,穴井 宏幸,加藤 隆一郎,加藤 佑典,金 昌熙,佐藤 健太,のざき ひろふみ,うらがみ,久田 真寛,ひげぽん,池田 拓司,はまちや2,竹原,牟田 裕太郎,粕谷 大輔,陶山 嶺,長谷川 智希,石田 和太郎,小林 純一
価格¥ 1,598(2017/11/17 13:08時点)
出版日2017/10/24
商品ランキング4,915位
大型本160ページ
ISBN-104774192392
ISBN-139784774192390
出版社技術評論社