Unsubscribe Member

正会員脱退における注意事項

脱退時期

脱退の申し出は事業年度末(8月末)の90日前までに、その旨を記載した書面で当組合に通知してください。
組合定款第12条にある通り、事業年度末に可能です。

定款 第12条 (自由脱退)
close

組合員は、あらかじめ本組合に通知したうえで、事業年度の終わりにおいて脱退することができる。

2 前項の通知は、事業年度の末日の90日前までに、その旨を記載した書面でしなければならない。

出資金の返還

出資金は、脱退承認後に返還いたします。返還日は、事業年度末となります。

持分譲渡による脱退

出資金の持分を他者に譲渡することにより脱退する方法です。
譲渡先が決定し次第、脱退承認をいたします。

商工中金の融資を継続している場合

商工中金の融資対象が中小企業団体の組合員と決められています。
脱退申請をする前に、必ず融資担当者へご相談ください。

提出書類

  • 脱退予告書ダウンロード
  • 出資金領収書※1 ※2
    (加入時にお渡ししております)
  • 出資金返還口座名※3 ※4
  • ※1 出資金領収書を紛失した場合は、出資金領収書紛失届を提出してください。
  • ※2 出資金領収書に記載されている社名と現社名が異なる場合は、登記簿謄本原本(おおむね1月以内および社名変更事実が分かる時期のもの)を提出してください。
  • ※3 書式は自由記述でかまいません。送付状などに記述していただいても結構です。
  • ※4 原則、出資者以外の口座には返還できません。

加入の流れ

  1. 脱退申請

    当組合を脱退されたいかたは、当組合までお申し込みください。

    脱退のお申し込み

    • 商工中金との融資が継続されている場合は、事前に融資担当者に相談してください
    • 脱退は、事業年度末となります。出資金は、脱退完了後に返還いたします。
  2. 脱退書類の提出

    下記書類を事務局まで提出してください。

    • 出資金領収書を紛失した場合は、出資金領収書紛失届を提出してください。
    • 書面以外での脱退は承認いたしませんので、必ず上記書類を提出してください。
  3. 理事会審査

    提出された書類を元に、理事会にて審査いたします。

  4. 脱退承認

    理事会で承認が下りましたら、脱退手続きに入ります。脱退日および出資金の返還日が決定しましたら、事務局よりご連絡申し上げます。

  5. 正式脱退

    理事会承認後、正式に脱退となります。

    • 請求書による振込みご希望の方は、事前にお申し付けください。
  6. 出資金の返還

    出資金を、指定口座へお振り込みいたします。

    • 出資金の振込手数料は、脱退者負担となります。

脱退の申請

  • この脱退申請だけは、脱退は承認・完了されません。
  1. 入力
  2. 確認
  3. 完了

ハイフン無しOK

ハイフン無しOK

ご担当者様のメールアドレスを入力してください。

商工中金からの融資の際に加入された方は、取引のあった商工中金の支店名を入力してください。

ボタンを押すと確認ページへ進みます